本文へスキップ

心理カウンセラーの資格を取るために

心理カウンセラー

心理カウンセラーの資格について /心理カウンセラーになるために心理カウンセラー資格ガイド

心理カウンセラーの資格について

現在日本の心理カウンセラー資格には、医師や教員、弁護士などのような国家資格はなく、

民間団体・企業・業界団体が発行する民間資格が複数存在します。

数多くの資格発行団体が、独自の受験資格や審査内容、審査方法、審査基準などを規定しているため、

心理カウンセラーの知識・技術に関して統一された基準がありません。

そのため、心理カウンセラー養成の教育機関ごとに学習内容や身につけられる技術水準も異なります。

実際に心理カウンセラーが活動する現場では、例えば発達心理学や芸術療法、心理検査、法律の知識

など、必要とされる知識や技術も異なります。

まずは、ご自身が「どんな分野で心理カウンセリングを活用したいか」という、資格を取得する目的を

ある程度明確にし、その分野に合った学習内容が提供されている教育機関や資格を選択することが

大切です。

ただし、心理カウンセラーとしていずれの分野で活動するとしても、相手をそのまま受け止め、

理解を示し、相談者が前向きに自分の問題に取り組むことができるように寄り添う「傾聴の技術」、

相談者がより良い未来に焦点をあてた具体的な行動が取れるよう援助する「解決志向的アプローチ」

が必要になります。

専門的な心理療法や学術知識も大切ですが、心理カウンセラーとしての活動を目指すのであれば、

まずは前述の2点を対話による心理カウンセリングでしっかりと提供できるよう身に付けることが大切です。 




心理カウンセラーを学べる講座

   臨床心理士 資格取得ケイコとマナブ

カウンセラーの通信講座・通信教育・資格・検定
   心理カウンセラー 講座ヒューマンアカデミー

本講座は、グループワークによるトレーニングを行うため、独習では得られない実践的なスキルを短期間で得ることが可能です。
   介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』